トップ  >  星ひとみ天星術占い  >  【天星術】『真昼』2021年の運勢

【天星術】『真昼』2021年の運勢

2021年の運勢

前半と後半で運気の潮目が変わる

2021年は前半と後半で運気の流れが変わる星回り。前半は、これまで頑張ってきたことが評価されたり、スピーディーに気持ちよく物事が進む「光」のシーズンだとしたら、後半は足止めをくらい、思うように物事が進まない「影」のシーズンとなります。前半はあなたらしくのびのび過ごすだけでOKなのですが、後半は「謙虚でいること」をテーマに過ごすと運気が安定します。潮目が変わるのは、5~6月ごろ。衣替えではないですが、運気の変わり目を感じたらすかさず気持ちの切り替えスイッチもONにしましょう。気をつけたいのは、カッとなると言葉が強くなりがちなところ。ヨガや瞑想などマインドフルネスを取り入れたり、好きな音楽に浸ったり、お気に入りの入浴剤入りのお風呂にゆっくり浸かったり、ふかふかのお布団で眠ったり…なんでもいいので、あなたの心がほぐれることを日頃から取り入れるようにしてみてください。満たされていると、そうそう簡単にはカッとなりにくくなるはずです。先祖供養もいいですね。お墓参りが物理的に難しければ、実家に電話をしたり、自宅で手を合わせるだけでも効果があります。

ラッキーフードは、鍋料理。縁を大切に”変革”の2021年を乗り切ろう

天星ナンバーを調べる

占いたい人の生年月日を入力してください。

『 7 』の真昼

順応性があり、どこにでもすぐなじむことが
できる人です。場を盛り上げる才能もピカイチ。
ただその場では盛り上がってした約束を、
翌日まったく覚えていないなんということも度々…。
気まぐれでルーズな部分は戒め、
守れない約束はしないように。
良い月 4,7月(全体)、2月(恋愛)   
悪い月 10,11月   

『 42 』の真昼

自分の直感が一番!な、典型的な真昼タイプ。
直球型で行動力もあるので、気が強く見られることも多いはず。また早とちりや勘違いをしやすく、
周りを振り回し勝ち。頭の中で
整理整頓をするようにすると、無駄にエネルギー消費することがなくなります。
良い月 8,11月(全体)、6月(恋愛)   
悪い月 2,3月   

『 44 』の真昼

好き嫌いがはっきりしていて、周りから見てもバレバレ。
クールでプライドも高い人ですが、
ツンツンしているわけではなく、
喜怒哀楽だけが顔に出るタイプ。
直観力が鋭いので流行にも敏感。仕事と恋愛を
両立できる器用な一面もあります。
良い月 8,11月(全体)、6月(恋愛)   
悪い月 2,3月   

『 48 』の真昼

飽きっぽさはダントツ!
正義感と深い愛情を持った憎めない人ですが、
好き嫌いで物事の良し悪しや、やるやらないを
決めがちで、周囲の人は振り回されることも…。
世の中は好き嫌いだけでないことを学び、様々な経験をつめば大きく成長できる人です。
良い月 8,11月(全体)、6月(恋愛)   
悪い月 2,3月   

基本の性格や相性はこちらから

関連記事

著者プロフィール

星ひとみ

ほし・ひとみ

占い師、ライフコーディネーター。中国に古くから伝わる東洋占星術をベースに、統計学や人間科学、心理学など様々な要素を取り入れたオリジナル運勢鑑定法「天星術」の開祖。巫女の血筋を持つ家系に生まれ、芸能界や政財界に多くのファンを持つ。『スッキリ』(日本テレビ系)の「誕生月占い スッキりす!」監修ほか、『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演中。

公式占いサイト「 星ひとみ☆幸せの天星術 」では、本人監修のさまざまな占いを提供中。現在、個人鑑定は一般募集していないが、このサイト会員のみを対象に、Zoomを使った個人鑑定を人数限定で受付中。

チーズ編集部ツイッター