トップ  >  星ひとみ天星術占い  >  【天星術】『満月』基本の性格
2020年下半期の運勢

【天星術】『満月』基本の性格
2020年下半期の運勢

基本の性格

想像力豊かな反面、現実的な面を持ち合わせたロマンティスト。持ち前のサービス精神と好奇心で人を喜ばせたりすることが得意です。困っている人を見ると、自分のことを後回しにしてでも仕事を引き受けてしまうなど、気配りの人でもあります。ただ、周囲の目を気にしすぎて気疲れしがち。疑り深く慎重な面も持っているので、なかなか本音を話さず、秘密主義と思われることも。根をつめるとキャパオーバーになるので、のんびりマイペースに過ごしてバランスを保ちましょう。信頼できるパートナーを見つけることで、その輝きを存分に発揮できます。

恋愛傾向

好きな人ができても、裏切りを恐れ、疑いから入っていくタイプ。でも一度“この人”と決めたら長く付き合います。「冷たい人は苦手」なはずなのに惹かれやすく、本気になると忍耐強く相手に尽くしがち。ロマンティックなシチュエーションも重要視します。友達から恋愛に発展することは少なく、出会って数回で恋愛相手かどうかが決まるでしょう。奉仕する愛より、愛された方が幸せを強く感じられる人です。

下半期の運勢

周囲からの注目が集まる、ラッキー期に入っています。昔の友人から久しぶりに連絡がきたら、流れに乗っているサイン。普段はかなり面倒臭がり屋のあなたでも、彼らからの連絡にはとにかくスピーディーに返信するように心がけてください。なぜって、来年訪れる“大幸運期”のカギは、その彼らが握っているからです。「忙しい」と断る前に、まずは行動を。また、全体の運勢とリンクしますが、この時期の開運キーワードは“再”。旧友との再会もそうですが、昔の写真を整理したり、読みかけだった本を再び読んだり、諦めていたことに再挑戦することが開運につながります。髪型や髪色を変えて、イメチェンするのも吉と出ています。恋愛面では、日頃の感謝や、好きという気持ちを言葉に出すようにすると、いい関係が続きます。プチギフトを渡すのもおすすめ。

くよくよは何も生まない

“今”をちゃんと生きよ

良い月 12月   
悪い月 9月   
ラッキーカラー パープル   
ラッキーアイテム 自分の好物・テレビ電話・神頼み   

あなたの天星の見つけ方

占いたい人の生年月日を入力してください。

関連記事

著者プロフィール

星ひとみ

ほし・ひとみ

占い師、ライフコーディネーター。中国に古くから伝わる東洋占星術をベースに、統計学や人間科学、心理学など様々な要素を取り入れたオリジナル運勢鑑定法「天星術」の開祖。巫女の血筋を持つ家系に生まれ、芸能界や政財界に多くのファンを持つ。『スッキリ』(日本テレビ系)の「誕生月占い スッキりす!」監修ほか、『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演中。

チーズ編集部ツイッター